投資には稼げる人もいれば、稼げないひともいます。当たり前です。では稼げる人と稼げない人の差はなにか?それにはマインドの部分からテクニック的な部分まで様々な要素があると思いますが、一つは経験の数と言えるかもしれません。その経験の部分を補う可能性を持っているのが投資顧問という存在です。

パソコンを使用

株取引のスタイルは実に様々

電話とお金

株取引のスタイルには様々なものがあります。
一日で収支を確定してしまうデイトレードと呼ばれる手法や中長期的な値動きを利用して利益を確保するスイングトレード、年単位の長い時間軸で取引する中長期投資等があり保有期間や目的に応じた取引スタイルに分かれています。
各取引スタイルの特徴を見ていきましょう。
デイトレードは1日の値動きを予想して利益を確定していくため1日中、常に株価の値動きに注意していかなければなりません。
そのためサラリーマン等の日中仕事をしているような方が兼業で行う事は難しいでしょう。

専業投資家として終日、株価のチェックを行える体制が求められます。
また、小さな利益をコツコツと積み立てていく手法ですので忍耐力と精神力が必要とされます。
スイングトレードでは、1週間から1ヶ月程度のスパンで株価の値動きを予想しながら取引をしていきます。
1日中株式市場に張り付いて株価のチェックをする必要がありませんので会社員の方でも可能な手法です。

ただし、売買のタイミングを図るために日々の値動きは毎日チェックする必要があります。
適宜開示や決算、業績予想修正のような株価に影響を及ぼす情報に日頃から目を光らせておかなければなりません。
情報収集は株取引を成功に導くための重要なファクターなのです。

中長期投資は、一度投資すると決めた銘柄に年単位で半永久的に保有する手法になります。
長期的な成長が期待できる企業や高い配当利回りが得られる企業に投資をして長く保有する場合が多いです。
頻繁に売買する事がありませんので、普段から株価の動きを気にする必要がありません。

短期的な値動きに左右される事が無く長期的に保有する事で利益を狙っていきます。
普段は株取引の事を気にしたくないという人におすすめの手法となります。
自分の目的に合った手法を選択する事が株取引で成功する重要なポイントとなりますので、自分の目的に適合した手法を見つけていきましょう。

自分に合った取引スタイルはどう決める?

自分に合う株取引スタイルを決めていくためには、各株取引スタイルのメリットやデメリット等の特徴を理解する事が重要です。
デイトレードでは、取引回数が増える事で収益の安定性が高まる点や次の日に持ち越す事が無いため損失が限定される点等のメリットがあります。
デメリットとしては1日中、株式市場を監視する必要性から日中に仕事をしている会社員のような方には難しいという点や利幅が小さくなる傾向があり手数料負担が高くなってしまうという点が挙げられます。

スイングトレードは、1週間から1ヶ月程度の期間の値動きから利益を得る手法なので会社員の方でも両立する事が可能です。
また、比較的値幅を取る事ができますので費用対効果が高くなるメリットがあります。

反対にデメリットは、急激な値動きに対応しにくい点が挙げられます。
常に市場を監視している訳ではありませんので、自分のポジションに対して不利な情報が出た場合に臨機応変な対応が難しくなります。
値動きに対するリスクが高まるという事ができるでしょう。

中長期投資のメリットは、普段から株価を気にする必要がない点やちょっとした値動きに一喜一憂しなくてよい点が挙げられます。
自分の気に入った銘柄に投資した後は放置するだけでいいので、会社員のような方は本業に集中する事ができます。

中長期投資のデメリットとしては、長期間資金が拘束される点や予想が外れた際の対応が難しくなる点が挙げられます。
分散投資をする等のリスク管理を行う事が重要となってきます。
このように、各株取引スタイルのメリットやデメリット等の特徴を理解する事で自分に合う株取引スタイルを見つける事ができます。
自分に合った株取引スタイルで株取引を成功に導きましょう。